愛のことば

もうこれ以上進めなくても

僕の「不安神経症」と「うつ」の症状

 「不安神経症」と「うつ」の症状として、

僕の身に起こった症状について書いておこうと思う。

 

「不安神経症」と「うつ」の症状は、

心の中や頭の中で起こっていることのほかに、

 

身体的な症状として起こっていることがある。

それから書いておこうと思う。

 

まずは何といっても、

 

毎晩、必ず激しい動悸と全身に大量の寝汗をかいて

夜中に目が覚める。

3時くらいかな。

 

で、そのまま朝まで何度も何度も寝返りを打ちながら、

恐怖と不安に悶絶しながら朝になる。

 

食欲が湧かないので、もし僕が独身だったら、

自炊する能力も気力もないので、もっと弱っていたと思うし、

 

もし妻が食事を作ってくれてなかったら、

まったく食べ物を口にしなかったと思う。

 

 

体重が3か月ほどで70㎏ほどあった体重が、

みるみる56㎏まで落ちた。

14㎏、激痩せした。

 

テレビは、全く観ることができなくなった。

全く興味がわかないのだ。

読書するのが好きだったけど、本も読む気になれないし、

音楽も聴く気になれない。

※僕の場合、唯一、なぜか理由はわかりませんが、

スピッツ(ロックバンド)の曲だけは聴けたのでした。

 

騒々しい音が苦手になった。

 

妻が子供を叱る声も苦手だった。

 

とにかく、ありとあらゆるものに興味がもてなくなった。

 

笑うということがなくなった。

 

かならずあとで憂鬱になるので、

ネットニュースは「特に見たくなかった」。

 

 

性欲も湧いてこなくなった。

そういう対象(例えばアダルトのAV)を目にしたとしても、

 

本来湧き上がるであろう性的な衝動が、

一切、なんにも湧いてこないのだ。

 

あと、口臭がきつくなった。

 

抜け毛が増えた。

 

視野が狭くなった。落ち込みがひどいときは、

目の前2メートルの範囲程度しか見えてない。

 

あと、日常の些細な事から、すべて

自分のことが自分で決められなくなっていた。

 

妻に伺いを立ててからしか、決定できなくなっていた。

 

 

そして、なにより、すぐ泣いてしまう

 

体が冷えやすくなった。

 

基本どこにいてもそうだけど、

家にいても、居場所がないと感じるし

 

焦燥感があり、全く落ち着かないので

椅子にも座らず、突っ立っていたり、

うろうろしたりする。

 

自律神経が正常でないので、

日中何でもないときでも鼓動が早くなってくるときがある。

 

こんな感じで、

 

見た目には、特に何もしていないように見えるけど、

 

脳の中や心の中の動き、自室神経の乱れ等によって

一日中心身が緊張している状態が続いているため、

身体的にはとても疲労度が大きく、

夕方には疲れ切ってしまう。

 

 

 

集中力が持たない。

 

考えがまとまらない。

 

まだまだあるけど、今思い出せるのはこんな感じかな。

 

頭の中や心の中ではもっといろんな思いや動きがあって、

しんどいんやけど、

 

身体的な症状もかなりきつい。

「普通」にしてるだけでいっぱいいっぱい。

 

 

もっとこまかい症状もあるし、

思い出したら、そのつど追記していこうと思う。

 

もしね、あなたのまわりにうつの人がいて、

 

思ったよりも元気そうに見えたら、

 

元気なように装ってるんだと思ってほしい。