愛のことば

もうこれ以上進めなくても

生きていて良かったな、って思いたい。

僕の場合、

 

うつの時の気持ちは基本「死にたい」とか「消えたい」とか思っている。

 

 

うつになって何もできない状態の自分に、

ふがいなさや家族への罪悪感が強く湧き上がってきて、

自分を責める日々になる。

 

自分責めは、自己否定だ。

 

自分で自分を否定して、自分で自分を虐待している。

 

 

日によって、時間帯や体調によって程度の差はあれど、

自分責めからくる、無力感と無価値感で、毎日打ちひしがれているので、

 

基本「死にたい」とか「消えたい」という感覚が頭や心の中に居座り続ける。

 

希死念慮、という言葉があるけれど、

自分がうつになって、はじめてわかったのは、

 

自分の意思とは関係なく、

自殺するイメージが勝手に頭に浮かんでしまうんだということ。

 

それなりの現実感を伴うイメージが頭に浮かぶから、

うつがひどいとき、これは本当に怖かったし、きつかった。

 

かといって、毎日毎回せっぱつまって本気で死にたいと願っているかというと、

人によって、その症状によって違うと思うけど、

 

あくまでも僕の場合、本当に死にたいわけじゃない。

打ちひしがれて、ほんとうに沈んでしまうときもあるけれど、

 

生きたいんだよ、

 

心から笑いたいんだよ。

 

ああ楽しいな、うれしいな、って思いたい。

 

生きていて良かったな、って思いたい。

 

もう、ほんとうに、ただそれだけ。