愛のことば

もうこれ以上進めなくても

雨が降る日は

雨が降る日は、内心ほっとしている自分がいる。

 

なんにもできないでいる自分が家の中で一人、

雨の音を聞くと、なんとなく家にいていいんだという気がするから。

 

いつも朝一番にその日の天気を確認するのは

雨が降ってくれないかと、心のどこかでそう思っているから。

 

自分を責めない練習をしている。

でも、そうはいっても晴れ渡る日には、自分ひとり、

何もできない自分が家にいるのが、とても罪深く感じている。

 

雨が降っている。

雨音をさせて雨が降っている。仕方がない、雨降りなんだから。

雷が遠くでなっている。

 

一度壊れた自分の心は、今かさぶたがはったような感じ。

ようやく少し指で触れることができるようになった傷。

 

求人広告をあさる日々。焦燥感と無価値感がぬぐえない。

自分の仕事を、メニューを選ぶみたいに決めようとしている違和感。

 

秋雨前線が、今年の夏を終わらせようとしているらしい。

しばらくは残暑の日々がつづくようだけど、

焦げるような暑さの日はそろそろ潮時らしい。

 

このまま雨降りになったらいいのに。

雨が降り続いてくれたらいいのに。