愛のことば

もうこれ以上進めなくても

生きたい

今日も泣いた。この一年で10年分くらいの涙を流したと思う。

子供のころから泣き虫だったけど、その子供のころと同じくらい泣いている。

まさか自分が人生も後半になって、これほど泣くようになるなんて

想像もしていなかった。

 

鏡に映る自分の顔を見ると、この一年で10年分くらい老けた。

当然だ、ふさいでしまう気持ちとずっと続く不安感のなかで、

家族に見られないように毎日泣いて過ごしてきたのだから。

 

もう少しだ、もう少ししたら一歩踏み出すことができる。

必ずこのトンネルを抜け出すことができる。

もがいて、泣いて、苦しんで過ごしたこの一年、

自分でもよく耐えて、頑張ったと思う。

 

うつと不安障害のなかで、薬を飲みながら

まだつらい時期に仕事をしなければ、という一心で

求人広告で見つけた会社へ面接に行き、

その面接中に号泣してしまったし、

 

次に行った会社では何とか面接を受かったものの、

一日目の勤務でしんどさに耐えきれず、

感情を抑えられないので、やはり号泣しながら

一日で退社せざるを得なかった。

 

でも、そんなになりながらも前へ、前へ進まなきゃと

必死になって頑張って、仕事をしようとしていた自分を

ほめてやりたい。

 

毎日死にたいと思っているその裏側では

強く「生きたい」と願っている自分がいる。

がむしゃらに生きたいと願っている自分がいる。

 

あれから面接を受けた会社は13社。

まだ新しい勤め先は見つけられていないし、

ずっと薬は飲んでいるし、不安で怖いけど、

 

もがいてあがいて、闇の中をまだ見えぬ光を探して

さまよっている。