愛のことば

もうこれ以上進めなくても

自分が年を取ると思っていなかった

人間誰だって年を取るんだ、という当たり前のことを

実は本当のところ本気では信じていなかった。もっというと

 

自分が年を取るなんて、思っていなかった。

 

でも鏡に映る自分の顔が、年々自分が知っている自分の顔じゃなく

年配で覇気のない男の顔がそこに映っているのを見て

誰だこいつ、と驚いたことがある。

 

小学校のころ、図書館で科学の百科事典の巻末に、年表が付録としてついていた。

 

宇宙の誕生、銀河や太陽系の誕生、地球の誕生、人類の誕生から現代、はては当時まだ到来していなかった未来のことまで書いてあった、面白い年表だったので、

しょっちゅうそれを読んで眺めて、未来を想像するのが好きだった。

 

自分が生まれる前の時代、自分が死んでもうこの世に存在していない時代。

僕はどんな風に大人になって、どんなふうに年を取っていくのだろう。

 

当時の僕は30代程度までは、ある程度自分の人生を想像していたように思うけど、

それも今思い返せば、大方外れていた。

 

その30代もとうの昔に過ぎ去り、当時の僕が想像することができなかった年齢に、今なっている。

 

鏡の中に映る自分は、まぎれもなく今の自分。

人生が後半に差し掛かって、自分も歳を取るんだという現実を目の当たりにして、

今初めて、それを受け入れようとしている。

 

鏡の中の自分に、ふと聞いてみる。

僕は僕の人生のどのあたりを、今歩いているのかな。