愛のことば

もうこれ以上進めなくても

待っている日

昨日心療内科の診察へ行って薬をもらってきて、それが効いているのかな

まだ昨日に比べると心のざわつき、落ち込み、妻や家族への罪悪感がすこしマシで、

 

自分で自分を不要に苦しめるくらいだったら、

薬に頼ることで生きていくことにしようと思った朝。

 

先日の求人採用試験の合否結果の期限は今週中と聞いていたので

そうなると今日が期限、ということなのだけど、まだ今の時点で連絡がない。

一応、形としては連絡を待っているんだけど、

 

そもそもこの時点で連絡がない場合は、いままでの経験上、不採用だ。

 

合否結果にかかわらず、いずれにしても連絡を早くしてくれと、

面接時にくぎを刺していたので、今日中に何らかの連絡はあるはずだと思っているけれど、ただ待つだけだと遅いので、

 

ゆうべ、17社目になる求人に応募した。昨日で掲載が終了になりかけていたので心配なのだけど、ネット応募は完了できたので、

 

何らかの連絡は来るだろう、たぶん。

週明け連絡がないようなら、ほかのところに応募しなければ。

(とこれを書いた直後に派遣会社から電話があって、週明け月曜の朝から面接になった)

 

もう、すでに9月が終わろうとしている。

 

今の自分の精神状態で、この数か月間、出来ることをかなり頑張ってやってきたつもりだけれど、現実としては仕事は見つかっていない。

そのせいもあって、少しずつ精神的なダメージがたまってきたんだと思う。

 

去年の今頃、症状がまだ一番ひどいとき、病気を隠して何社かの面接を受け、面接中に号泣したりして、当然不採用になったりしていたとき、

 

そんな中である会社が採用してくれたんだけど、

 

勤務2日目の午後に精神的限界がきて、

 

社長をはじめ全社員の前で号泣して途中で退社した。

 

2日間だったけど、僕はあのときものすごく頑張った。

 

ものすごく怖かったし耐えきれなかったけど、

 

あのころに比べると、今ならもう少し頑張れるかな。

 

常に100%で頑張るのは無理だし、やらない。

 

普段は30%ぐらいで行こうと思っている。

 

それにしてもただぼんやり連絡を待つのは、また不安をあおる。

 

もう、10月になってしまう。

 

心の中に、薬で抑えられている家族への罪悪感や焦りが渦巻いている。

 

こんなお父さんだけど、がんばるからね。