愛のことば

もうこれ以上進めなくても

平気なふりと、シニアジョブステーション

今日は朝から心の中が空っぽ。とても怖くて不安でさみしくて、

布団から出るのに難儀した。起き抜けからつらくて泣いている。

でも家族の前では、平気なふりをした。

 

いつまで続くんだろう、この恐怖感と不安感。

 

家族を送り出した後、あまりに不安なので、朝陽に当たるために、

30分程度近所を歩いてきた。

 

こわいよ、こわいよ、と言葉を口に出しながら歩いた。

 

涙がにじんでくる。怖さで、歩く速度も遅くなる。

うつはセロトニン不足、朝日に当たるとセロトニンが出るなんていうけど、

 

セロトニンなんて目に見えないし、出ている感覚もないし、

 

ただ怖くて、心と体がうすら寒いから、

太陽のあったかさだけを感じたいから、歩いた。

 

医者に本当に治るのか、と聞いた、医者は絶対治るといった。

でも今はまだ全然治ってない。

 

とぼとぼと、泣きながらしばらく歩いてきた。

 

「誰かにそばにいてほしい。僕と一緒にいてほしい。」

そんな気持ちが、心から出てきた。

 

僕は何でこんなにさみしいのかな。

平気なふりをするのが、とてもつらい。

 

 

昨日、夕方にシニアジョブステーションの

担当になった産業カウンセラーから電話があって、

面談してからその後のことについて少し話した。

 

今まで20社を超える応募や面接では、シニアジョブステーションで

相談したことは役に立っておらず、時間をかけてつくった職務経歴書も、

 

 

面接で一瞥されるか無視されるだけだったことなど、

今までの経緯をざっくりと話した、と書いた。

 

産業カウンセラーとの話の中で、いままで全くやったことも考えたこともないジャンルだけれど、介護職も検討しようかと思っていることを話した。

 

すると、今日、午後一時から、偶然介護職専門のキャリアカウンセラーの面談があるので

一度来てみませんかと言われたので、行くことにした。

 

行くことにはしたけれど、なんの期待もしていない。

今日は朝から心の中が空っぽだから、

出向いて、話をして何か僕の心が動くことはあるのかな。

 

とりあえず午後から行くしかない。

 

 

毎日、日が暮れて布団に入れるとき、このまますべてを忘れてしまいたいと思う。

このまま夜が明けないで、ずっと深い深い眠りに落ちて、

目が覚めなければいいのにと思う。

 

どうか、どうか、僕に、心安らかに笑える日が来ますように。