愛のことば

もうこれ以上進めなくても

みんな「うつ」だと思ってた

僕は、基本、気分が塞いでいる。

もっとざっくり言うと、

基本うっすらといつも「消えたい」「死にたい」と思っている。

その塞いだ気分の状態の波が大きいか小さいかだけだ。

 

この気分を始めて感じたのは小学校2年の登校時だった。

 

そのころから「うつ病」だったわけではないけれど、

うつになりやすい性格と性質を持っていたんだと思う。

 

今でこそ、抑うつ状態が2週間以上続いている場合、うつ病が疑われるから、医師の診察を受けたほうがいい、なんていわれる。

 

2週間程度で済めば、楽だろうなと思う。

 

でも、僕は常に気分が落ちてる状態が普通だと思っていたので、

 

てっきり、僕と同じように通常の人も皆、

基本の精神状態は「塞ぎこんでいる」ものだとばかり思っていた。

 

そう、みんな「うつ」だと思ってた。

 

でも、そうじゃないと知ったときは、ほんとうに驚いた。

 

健常な人は、

「常に心にモヤがかかったような、憂鬱で、嫌な気分がずっと続いている」

んじゃないんだ、という事実。

 

嫌なことがあったり、疲れたりしたときに、そういう状態がしばらく続くことはあっても、

 

カラオケやスポーツをしてストレス解消をしたり、おいしいものを食べたり、お酒飲んだり、誰かに話したりなどして、

 

しばらくすると、「心にモヤがかかったような、憂鬱で、嫌な気分」から、

開放されていくのだという。

 

僕はそれを聞いたとき、自分が普通の人の精神状態とは違う、ということに改めて気が付いた。

 

うすうすは感じていたけれど、「そうだったのか」と、思い知った。

 

 

 

今でこそ、自分の感情のコントロールが出来なくなって、

 

早期覚醒と激しい動悸に見舞われて、心療内科を受診して、

 

医者に「不安障害とうつです」と診察されたから、自分でもそう認識しているし、

 

 

ふいに悲しさが沸き起こって涙があふれてくるし、

 

不安と恐怖が、心の底からわきあがってきて、薬を飲まないとどうしようもないときがある。

 

これを書いている今も、怖いし、不安だし、寂しいし、

泣き叫びたい気持ちになっている。

 

心の病気で苦しんでいる人はいっぱいいるし、

その経験をもっている人が励ましのコメントをくださるけど、

 

みんな優しい。

 

見た目に分からない、つらさがなかなか伝わらない心の病気。

皆さん、そんな心の病気のしんどさ、つらさを身にしみて知っておられるからだ。

 

僕もしんどいけど、皆さんの温かいコメントの言葉を何度も読み返して、

 

ひとしきり泣いては、落ち着きを取り戻している。

 

 

実は今、とても怖くて不安でどうしようもなく震えている。

 

今夜も怖いから、薬を増量して飲んで布団に入ろう。

どうか穏やかに眠れますように。

 

どうか僕の人生が、穏やかでありますように。