愛のことば

もうこれ以上進めなくても

自分の事を励まし続ける

僕は毎朝起きるとき、自分を励ますために、ひとりぶつぶつ

 

僕は大丈夫、僕は大丈夫、と何度も何度もつぶやいているのだけれど、

 

となりで寝ている息子には、それがどうやら聞こえていたらしく

 

朝早くから「呪文」のようにぶつぶついう声がうるさかったようだ。

 

妻から、息子がそう言っていた事をおしえられ、

 

悪いことをしたなと思った。

 

 

どうしても朝は不安と恐怖心が強いので、自分を励ますために

 

しばらく枕に口を押し当てながらも、ぶつぶつと自分への励ましの言葉を

 

しばらくつぶやいてから出ないと、布団から起き上がる勇気が出ないのだ。

 

 

でも、早出勤務している手前5時起きになるから、

 

息子には早朝からの「呪文」は耳障りだったに違いない。

 

 

ただだからといって、すぐにやめられるかというと、多分やめない。

 

朝起き上がるときの勇気を奮い立たせるためには、

 

自分へのエールを自分でひとしきりつぶやかないとダメなのだ。

 

 

自分しか自分にエールを送ってくれる人なんていないから。

 

自分しか、「自分はダメだ」と思う自分に「ダメじゃないよ」といってくれる人がいないから。

 

前にも書いたけれど、家族には、この不安感や孤独感、恐怖は

 

なかなか分かってもらえない。

 

だから僕は自分で自分を励ますしかないし、

 

これからも自分の事を励まし続けることはやめないと思う。