愛のことば

もうこれ以上進めなくても

後悔

今日も仕事終わりの帰り道で、泣いた。

 

やっぱり我慢していないようで、結構な我慢をしているからだ。

 

我慢ばかりしてきた僕の人生。

 

僕には、後悔していることがいっぱいある。

 

特に友達のことに関しては,後悔しかない。

 

小さいときから数え上げたら、ほんとうにきりがないくらい、

友達をないがしろにするようなことを繰り返してきた。

 

約束を破るなんて何度やったかわからない。

僕の軽率な行動で、ひどく悲しませた友達もいた。

 

人生を半分以上生きた時点の今、

今更謝ったところで、どうなるものではないだろう。

 

でも、ほんとうに後悔している。

 

僕のことを友達だと慕ってくれた人たちに、

許されるならもう一度、僕から友達だと呼ばせて欲しい。

 

人生を、もう一度やり直すことが出来るのなら、

僕のことを友達だと慕ってくれる人との絆を、

大切にして生きたい。

 

昔の自分を思い返せば思い返すほどに、

軽薄で、嘘つきで、鼻持ちならない、嫌なやつだったと思う。

 

じゃあ、今の僕は、そうじゃない人間に変わったのか

良い人間になることが出来たか

 

後悔は先にたたない。本当にそう思う。

こんな僕でも、友達だといってくれる友人が今もいる。

もちろん、数は少ない。

 

でも、それでもとてもありがたい。感謝しかない。

こんな僕を友達だといってくれてありがとう。

 

僕も、あのときから君が友達になってくれて、人生が変わったと思ってる。

君は何度も僕を救ってくれた、僕の恩人です。リキ、ありがとう。

 

ダイチュー、冷たくしてごめんな。

お前のことなんであんな風に接したのか、自分で恥ずかしい。

許してもらえると思ってないけど、謝りたい。ごめんな。

 

 

僕には後悔していることが山ほどある。

 

友達のほかにも、勉強、恋、仕事、数えだしたらきりがない。

 

僕の人生は後悔ばかりだけど、残りの人生を、

 

ほんの少しでも、悔いのない人生にしたい。

 

本当にそう思う。

はじめて好きになった人には、思いは打ち明けていない。

でも、