愛のことば

もうこれ以上進めなくても

嫌なことばかりの毎日に

毎朝、沈みこむ気持ちを自分で励まし、奮起させてから

 

何とか起き上がり、思考を停止したまま出勤する日々が続いている。

 

慣れない環境と、全く思うように覚えられない様々な仕事。

 

やったことがないことばかりだから仕方がないのだけれど、

 

好奇心がもてない、楽しさが見出せない、「苦行」以外の何者でもない。

 

嫌なやつがいる。どこへいっても嫌なやつは必ずいる、というけれど、

 

体からエネルギーが奪われてしまうような嫌なやつがいる。

 

 

ここにはあえて文字にして書くことはないけれど、

 

(それは、嫌なやつの存在を文字にしてここに残してしまうから)

 

ありとあらゆる罵詈雑言を吐いてやりたいと思うことだってある。

 

ただ思うだけで、年齢と共に実際には口に出すことが減ったと思っている。

 

でも、口汚い言葉を吐き捨てる自分も、自分なんだと思う。

 

 

僕は決して聖人ではないし、むしろどちらかといえば、冷たく、

 

意地の悪い、薄情で、軽薄で、愛の分からない男なのだろうと思う。

 

でも、それが、僕なのだ。そういう自分を受け入れて、

 

そういう自分を自分で許してやることにしたんだ。

 

 

毎日、嫌なやつがいる嫌な場所へ嫌なことをしにいく。

 

すべては生活のためのわずかなお金を稼ぐため。

 

 

仕事は本来、そういうものではないだろう。

 

でも、ぼくはそうなってしまっている。

 

もしも戻ることが出来るなら、

 

日々楽しく、没頭できるような仕事に、もう一度就きたい。

 

 

消去法でしか選ぶことが出来なかった仕事だけれど、

 

このまま死んだように生きる毎日を続けるのは、

 

残り少ない僕の人生の無駄遣いだ。

 

今は、嫌なことばかりの毎日だけれど、

 

間違いなく僕は、毎日がんばっている。

 

未来の僕よ、教えて欲しい、この先に何が待っているのか。

 

このブログには嘘を書かないと決めたんだ。

 

だから教えてくれ、未来の僕は、元気にしているだろうか。

 

笑っているだろうか。