愛のことば

もうこれ以上進めなくても

「居場所」と灰色の日々

今僕はまだ、毎日に「色」を感じられない。

全体的に毎日、グレーだ。

 

今朝も朝起きる時から、不安と恐怖で泣いた。

世間は3連休らしいけど、僕には関係がない。

毎日、毎日、心の中はずっと灰色で、目に映る景色もすべて灰色だ。

 

小学校三年の時、家出をした。

家出をしようと明確に決めて、家を出たんじゃなくて

母方の祖母に会いたくて、一人で自転車に乗って、

そのまま家に帰らないつもりだった。

 

家の中が「冷たかった」。

 

結局、一人で祖母宅にいった僕は、

喜んでくれると思っていた祖母に、突然連絡なくひとりで来たことに驚かれ、

母親に電話でそのことを連絡され、夕方には家に連れ戻されただけだったのだけど、

 

その頃から僕には、「居場所がなかった」のだ。

 

家にいても学校にいても、僕は常に居心地の悪さを感じていた。

 

学生時代も、社会人になってからも、僕は自分が安心していられる場所がなかった。

 

妻と結婚して、子供が二人生まれてくれて、

 

僕にとって「家庭」はようやく僕は居場所を見つけられた気がした場所だった。

 

 

未だ、僕の心の中にある、実兄との確執、母親への複雑な思い。

 

これが僕の心の灰色の一因でもある。

 

僕の人生は、季節でいえばもう秋だろう。

 

これからの人生、季節の色を感じることができるんだろうか。

 

毎日、先のことを思い煩い、不安と恐怖にさいなまれ、

 

罪悪感を心の中に持ちながら、

 

このごろまた、居心地の悪さを感じながら灰色の日々を生きている。

 

僕にとって一番大切なものは、妻と子供たちとの家庭だ。

 

なんとしても、妻と子供たちと一緒に、

 

人生の秋が、色のあるものだと、感じたい。人生が、色であふれていると感じたい。