愛のことば

もうこれ以上進めなくても

自分を守れた

世間的には3連休だったようだけど、僕は早朝から仕事だった。

 

 

今日は、今行っている職場で、教育している立場の年配の女性の

 

言葉遣いが朝から何故かずっと高圧的だったため、

 

軽くではあったが「真剣に」反論した。

 

後から聞いた話では、

その女性は、その職場で一番のベテランなんだそうだ。

 

これが一番のベテランなのか、と軽い絶望を感じた。

 

 

それ以降その女性は、僕に対する態度が変わり、言葉遣いが変わっただけでなく、

 

何故かそれ以降、僕の仕事の仕方を褒めだしたのだった。

 

人によって態度を変える人は信用できない。

 

 

黙って「はい」「はい」と聞いていたけれど、

 

どんどん高圧的になって来るので、「卑屈」になるのが嫌だったから

 

高圧的な態度ではなく、「分からないところを分かるように」してください。

 

といっただけだった。

 

意味もなく「褒めてください」とは言っていない。

 

 

わからないことがあまりに多いから、「わからないところがわからない」のだ。

 

間違っていれば、どうしてそうなるのか、どのようにやれば安全かつ確実なのか

 

それを簡潔明瞭に、教えて欲しいだけなのだ。

 

 自分の知っていることを自慢したいだけの「指導」はいらない。

 

なので、僕は、上記のような内容のことを反論した。

 

 

でも、不思議なものだなと思う。

 

きちんと言うべきことをいっただけで、自分で自分の心を守れた喜びに包まれた。

 

 

僕は自分を守れたんだなと思った。

 

ほんの些細なことだけど、自分の心を守ることが出来るのは自分だけなんだ

 

ということを、身をもって学んだ日になった。

 

僕はこれからも、自分の心を守るために、

 

納得できないことには、きちんと自分の気持ちを言葉にしていこうと思う。

 

 

 

今日も僕はよくがんばった、今日もよく生きた。

 

僕よ、お疲れ様。