愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

残業

今日は思いがけず残業をする羽目になった。

残業がない契約で入ったはずなのに、話が違うので、

非常に大きなストレスになった。

 

慣れない仕事を覚えている中で、すでに来週から

ひとりで仕事をしてくれと言われていて、

そのうえ、今日初めてPC入力の仕事があることも聞かされた。

 

シフト制で残業がない前提で始めたのに、話が違う。

明日、施設側の責任者と懇談があるのでその際にいうつもりだし、

実際、今の仕事を自分が続けて行けるか、まだわからない。

 

毎日、毎朝震えて泣いて起床して、不安と恐怖を薬で抑えながら

出勤している。誰にも、見た目にはわからないだろうし、

家族にもわからない。

 

薬のせいだけじゃなく、集中力とか記憶力が落ちていて、

仕事していてもなかなか覚えられないことがすごく多い。

メモも取っているが、書いたメモを見ている暇がない。

 

いつも仕事を上がる時間に、PC入力の別の仕事のやりかたを

説明された。それは毎日入力しないといけないのだという。

 

その仕事、いつやるんだ?時間的精神的余裕なんてない。

朝7時から一日やることに追われている状態なのに。

 

思いつめても仕方ないけれど、ストレスが溜まってきているのがわかる。

心身共に、また疲れてしまうのだろうか。

 

心にまた雨雲がかかり始めている。

僕はどこを目指して歩いていけばいいのだろう。

 

きょうも、とりあえずよく生きた。

でも、眠るとまた明日が来る。それがもうストレスだ。

 

眠るのがl怖い。朝が来るのが怖い。

生きていることが怖くなる。

 

ああ、勇気がほしい。