愛のことば

もうこれ以上進めなくても

助けてください、を言うのは勇気がいる

タイトル通りなのだけれど、今の僕は困っているとき誰かに助けて、というのに

とても勇気がいるのだ。

 

助けて、と言いやすい人と言いにくい人がいるというのもある。

 

そのまえに、助けてください、という言葉を他者に告げることに、

慣れてないのだ。

 

何でも一人でやろうとしてしまう。

 

結果として、孤立して、一人で抱え込んで、つぶれてしまう。

 

でも、今まで、助けてください、と言って、助けてくれない人も多かったから、

 

そういう経験が心の中に、嫌な思いとして残っていて

 

それなら自分でやったほうがいいや、って思ってきたんだ。

 

僕は今、心を開ける人が少ない。もしかしたら、妻や子供たちにも

 

心を完全にオープンにしているかといえば、そうとはいいきれない。

 

とはいえ、子供や妻に、助けてほしいことがあるときは、

 

たぶん、助けて、と言えるだろう。

 

今日は仕事でどうしても一人では処理できない状況になったので、

 

他の職員のとても話しやすい人が近くにいてくれたので、「すみません、助けてください」、ということができた。

 

その結果、どうしよもなかった状況を脱することができた。

 

あの状況で、自分一人で何とかしようと思っていたら、どうなっていただろう。

 

何とかなるとは思うけど、やっぱり助けてもらって良かったと思うし、

 

人によって、助けてくださいが言いにくい雰囲気の人もいるけれど。

 

助けてください、が言えたことは、僕にとって大きな大きな進歩だと思う。

 

今日は僕にとって、それが大きな出来事だった。

 

目の前のことをただひたすら、こなしていく毎日の中で、

 

自分一人でどうしようもないことがあったら、助けてくださいという勇気を

 

すこしずつ出していく必要をとても感じた日だった。

 

今日も僕は、朝泣いて起きたし、早朝ひとりで朝食を食べているとき

 

さみしくて不安で、怖かった。いつまでこの心の不安定な状態が続くんだろう。

 

それだけで、朝からとてもエネルギーを使っているから、

 

一日を乗り切るエネルギー量としては、足りなくなってしまう。

 

だから、自分のエネルギーの30%程度で動こう、無理したり、

 

出来ないことを出来る振りをしたりしない、と自分に言っている。

 

助けてください、と言うのは、ちょっとずつ勇気を出す練習にもなっている。

 

ああ、疲れたな、今日もよく生きた。今日もなんとか暮れていく。

 

おつかれさま、僕。よく生きました、