愛のことば

もうこれ以上進めなくても

嫌な思いは時の彼方へ捨てていこう。

今日も一日、生きた。長く感じた一日が暮れていく。

仕事終わり、帰り道、堪えていたけど、また泣いた。

 

今日も、長く感じた一日が、やっと終わったという思いが、

仕事終わりには、無意識に辛抱しているつらさを解放できるからだ。

 

仕方ない、子供の頃から泣いて思いを発散してきたから、

いい大人になっても、そこは変わらなかったんだ。

見た目かっこ悪いけど、それも含めて仕方ないとおもうし、

それでもいいと思ってる。

 

色んな仕事をやってきたけれど、いつも時計の時間を気にしていた。

何分経っただろうか、あと何分辛抱するのか。

仕事は変われど、どの仕事中も、そればかり考えていた。

 

いまも、そればかり考えている。あと何時間で終わる、

あと何分で帰ることができる。

 

僕にとって、今万でやってきたほとんどの仕事は「苦行」だから、

時を忘れて没頭できるような仕事は、自営でやった仕事の一回だけだった。

 

いい思い出も、悪い出来事も、過ぎてしまえば時の彼方で永遠にストップしている。

今日あった嫌なことも、もうすでに過去のこと。

 

嫌な記憶は全部、きれいさっぱり時の彼方に捨ててしまおう。

僕の記憶は、自分が大切にしているものへの思いだけで埋めればいい。

あとは今のこの瞬間を生きることに、エネルギーを使えばいい。

 

今日も、しんどかったけど、暮れていく。

仕事中泣いたけど、もう済んだこと。

時の彼方へ捨てていこう。

今日もよく生きたよな、僕は。