愛のことば

もうこれ以上進めなくても

不安障害という「病気」とはいえ

不安障害という「病気」とはいえ、毎朝ものすごく怖くなるの、

いい加減本当に、うんざりしている。

 

不安で怖くて、おまけに最近寒くなってきて、

身体や考え方がどんどん委縮してしまって、

薬なんかまったく効いていないじゃないか、とおもうくらい、

毎朝、恐怖に悶絶して一日が始まってしまう。

 

出勤するまでの間、怖さで泣いてしまう。嗚咽して泣く。

仕事をしていないとき、「無職」という強烈な不安があったから、

なんでもいいから仕事さえすれば、「不安」は消えると思っていた。

 

でも実際は違った。仕事をすることによって不安を感じる要素が増えてしまった。

あれもこれも、色んなことがいちいち怖く感じてしまう。

 

再度になるが、不安障害という「病気」だから仕方ないんだけれど、

ものすごく心をすり減らして、毎日を生きているので、

前向きになるエネルギーがどんどん減っていく、そんな状態だ。

 

日が昇らないうちに出勤して、陽が沈んでから帰宅する。

 

働いているひとからすれば珍しいことではないし、

冬のこの時期なら当たり前のことかもしれないけれど、

なんとなく心まで曇り空が晴れないことと、一日、まともに太陽を見ないことが

なんか関係あるような気がして。

 

毎朝、何でこんなに怖い、悲しい思いをしなければいけないんだろうと思いながら

一日をはじめなければいけない日々の中、

 

今日も、色んな嫌なことがあったけど、もう過ぎたこと。忘れよう。

今日もよく僕は頑張って生きた。

その事実だけで、充分素晴らしい。お疲れさま、僕。