愛のことば

もうこれ以上進めなくても

考えたくないのに、考えていること

今朝も泣きながら布団から抜け出し、出勤した。

寒くて、朝まだ暗いので余計憂鬱になる。

 

考えたくないのに、考えていることが多すぎる。

 

先週、生命保険会社のファイナンシャルプランナーが

ライフプランの相談に来て、いわゆるこれから先の人生設計というのを

シミュレーションとしてつくってみせてくれた。

 

それによると、60歳以降、収入と支出のバランスがとれなくなる、

ようするに、生活が立ち行かなくなる、らしい。

老後、というものは先行きが暗い、ということをわざわざ見せられた気がした。

 

来週から、また違う場所で仕事をさせられるらしい。

 

考えたくもないことが、頭の隅っこに住み着いた気がした。

それからというもの、夜の眠りがさらに浅くなった。

寝汗と動悸がして、また早期覚醒がひどくなった。

 

あくまでもシミュレーションで、本当に未来がどうなるかなんて

誰にもわからない。暗い未来なんてまっぴらだし、

そんなものを信じたいとは思わない。

 

なのに、だ。気分がよくふさぐようになり、不安要素が増えてしまった、

考えなくていいことが、さらに一つ増えてしまったみたいだ。

心では、考えるな、と言っているのに、頭が勝手に妄想をしはじめて

悪い想像を巡らせ考えてしまう。

 

いかんいかん、疲れがたまっているのだろう。

ヘタな考え休むに似たり、早く寝て余計なことは考えないでおこう。

意識的に考えないようにしよう。

 

今、この瞬間しか、現実はないんだ。

それにしてもつかれた、僕は今日も、本当によく頑張って生きてくれた。

お疲れさま、今夜も何も考えずに眠ろう。