愛のことば

もうこれ以上進めなくても

僕を苦しめる焦りの感覚

僕には子供の頃から、焦りの感覚がある。焦燥感、というやつか。

なにをするにしても、何かに追われているかのように

早くしなきゃ、と常に緊張して急いでしまう。

 

だから失敗や注意力が散漫になることもあるし、

常に緊張しているから、体力的にもとても消耗してしまうのだ。

だから、勉強も、仕事も、趣味も、「頑張らないと」できないし、

長続きしない原因の大きな一つだと思う。

 

いつかこのことを、ブログに買い残しておこうと思っていた。

今も、実は焦っている。冬が陽が落ちるのが早く、

心が安堵する時間がすぐに過ぎてしまうからだ。の仕事も、どうなるかわからない。

折角就いた仕事だけど、給料が安すぎるし不安障害もひどくなりつつある。

毎日悲しいし、今も悲しい、怖い。

 

子供の時から僕は、ずっとこの焦りに追われて生きてきた。

ずっとずっと苦しかった。

今、医者に通っているけど、仕事にも行き始めたけど、

全然治るどころか、毎日毎分、焦りながら生きている。

 

僕は早くしないと、幸せになれないとおもっているんだろうか。

でも、それは少しある。苦しい。

早くしないと、家族を不幸にしてしまう、そう思って生きてきた。

 

苦しい。安心したい。心穏やかに安堵できる日々が来るのかな。

冬の夕方、また涙が出てきた。ちょっと泣くことにしよう。

僕には今、それしかできないから。