愛のことば

もうこれ以上進めなくても

ずっと怯えて生きてる

考えてみたら僕はずっと何かに怯えて生きている。

子供の頃からずっと、ビビりながら生きてきたと感じる。

でもそれを見ないふりして、やり過ごしてきた。

 

今日、今またとても、怖い。明日が怖い。

仕事へ行くのが怖い。嫌々仕事へ行って一日長時間費やすと思うだけで

自分はいったい何をしているんだろうと思う。

毎日、本当に仕事がつらい。

 

ブログに正直な気持ちを書き綴る。嘘偽りのない、正直な気持ち。

ここだけが僕の、ほんとうの心の声が出せる場所。

だから、書く。怖い。誰か助けてほしい。

もうこんな怖い目をするのは嫌だ。

 

毎日毎日泣いて生きてる。生きてることが怖い。

正直このまま生き続けるのが怖い。

 

医者からもらった新しい薬の効き目は、全く感じない。

数日飲み続けることで効き目が出るとかいっていたけど、

何にもない、ずっと怖いし、ずっと怯えてるし、

明日が怖い、未来が怖い。

 

いったん壊れた心は、もう治らないのかな。

もう年だから、もう無理なのかな。

もう前みたいに普通の人と同じように生きることできないのかな。

誰か教えてほしい、誰か助けてほしい。

 

また泣きごとばっかりのブログになってしまった、

涙と鼻水でぐずぐずで、いっつも画面がちゃんと見えない。

ああ、しんどいなあ。笑って生きたいなあ。

 

真っ暗なトンネルの中、手探りで歩いてる感じ、

これもなくならないや。

 

生きていくのがこんなにしんどいとは

生きていくのにこんなに怯えなければいけないとは

 

生きてたらいつかいいことあるって、ほんとうなのかな

そう思わなきゃ生きていけない、やってらんないからだろう

 

誰かにそばにいてほしいって、本気で思うけど、

子供じゃないから、それは無理な相談で。

 

でも、本当に心細くて、心細くて、

不安障害って、何なんや、ありとあらゆることが怖い。

また今晩も明日の朝も、怖くて怯えて泣いて耐えるしかないか。

 

あー、いつまで怯えて生きるのかなあ。