愛のことば

もうこれ以上進めなくても

毎日毎日、自分のために

今朝、枕元に携帯のアラームをセットし忘れて、

携帯をリビングのテーブルに置いたままにしていたことに気づき、

早朝、布団から抜け出て時間を確認したら起きなければいけない時間、

5:30きっかりだった。

 

着替えをして、ひとり出勤の支度をしていると怖さと不安が襲ってくる。

何時までたっても慣れない。

泣きながら薬を飲み、朝の支度を済ませた。

 

今日も本当に、一日中、怖かった。

 

明日心療内科の予約が夜にある。先日の診察の時処方された薬、

まったく効果を感じないので、ちゃんと言おうと思うし、

医者も勧めていたので、カウンセリングを頼んでみようと思う。

 

全然、仕事に慣れることができない。

動悸がずっと続いているので、体力が奪われてとても疲労が強い。

先日は不覚にも介護中によろけてしまった。危ない。

 

僕の不安の実態を一つずつ、明らかにして向き合っていくしかない。

ぼんやりしたまんまだから、不安が恐怖に代わってしまうんだ。

それが動悸や悪夢や不眠のもとになる。

 

やっぱり、僕は介護には向かないと、この頃感じていることも、

不安感が強くなっていることの要因の一つかもしれない。

 

ともあれ今日も、暮れていく。

今日も、いくつか嫌なことがあったから、それはもう忘れよう。

息子のインフルエンザも快方に向かっている。

それでいい。

 

「いい加減」ぐらいでちょうどいいだろう。

先のことを考えると、怖くなる。

だから目の前のことだけに、意識を向けて生きる。

 

毎日おなじことを言っているけれど、

毎日同じことを自分に言ってやりたい。

「こんなんじゃあかん」と思う、そのまんまでええ。

今のまんまでええんよ。

毎日毎日、自分のために、いうてあげる。

 

今日も、ようがんばって生きたよ、僕。