愛のことば

もうこれ以上進めなくても

誰かと比べない人生を

今日は冷えるので、こういう日は苦手だ。

今朝もつらかった、布団からなかなか抜け出す勇気が出せず、

大丈夫、大丈夫とお祈りみたいに唱えて、

また泣きながら、早朝、仕事に出かけた。

 

日の出前に家を出るので、外は若干夜の気配が残っている。

それでもすでに働いている人はいるから、

「甘えてはいけない」と、自分にいう声が頭の中に響く。

・・でも、その声って僕の兄の声だ、聞く必要ない。

 

早朝や夜に働いている人たちと、今の僕には何の関係もないし、

僕が頑張るのは、僕のためで、人と比べるためではない。

人と比べて頑張っているとか、甘えているとか、

何の意味もない。

 

他人の目を気にしていきてきたけど、こんな無駄なことはない。

もううんざりだ。

僕は僕を認めて生きていく。僕は僕を否定しないし、

弱音を吐く僕だっていていいんだ。

 

僕は自分を責めないし、他人と比べて生きることをしない。そう心に誓う。

誰かと比べない人生を、僕はこれから死ぬまで生きていく。

 

最後に、今日、うれしかったことを書いておく。

 

今日、一人トイレ掃除をしていたら、職員のおばちゃんがお礼を言ってくれた。

「トイレ掃除してくれたんやねありがとう」。

誰も知らないと思っていたけれど、見ている人がちゃんといてくれる。

ぐっと胸にこみあげるものがあって、素直にうれしかった。

涙が出そうになったが、堪えた。

 

その分、今一人で泣いている。うれし泣きはやっぱりいいもんだ。