愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

明日や未来が、昔みたいに怖くなければいいのにな。

冬至の日まで、全く日が昇っていない朝の出勤、

怖さと不安がいまだに、心にまとわりつく。

 

今朝も一人、出勤までの短時間、クッションを抱いて

震えていた。ほかに、怖さに耐える方法がないから、

仕方ない。

 

気が付いたら、雨になっていた。

今日は一日、太陽の光を見ていない。

セロトニンがどうとか、太陽の恩恵が全く届かない。

 

昨日に比べたら、マシな一日が暮れていく。

今日は帰宅したら、足が冷えていたのか、こたつで足を温めたら

幾分気分がやわらいだ。体が冷えるというのは、

やっぱり心身ともに、悪影響を及ぼすんだろうな。

 

インフルエンザ予防接種を昨日受けて、その補助が派遣会社から

いくばくか出るため、予防接種の領収書を画像にとって

指定のアドレスに送信したのだけど、アドレスが不明で送れない。

そもそも、この派遣会社が信用できない。

 

明日も今日のような、マシな日ならいいのにな。

それなら何とか乗り越えられる。

時々きつい日があるから、心がひび割れそうになる。

嫌なことがある日は、嫌な奴がいる日だ。

 

雨が降っている。冬の雨。

こうやって、季節は進んでいくし、時間は過ぎていく。

嫌なことは過去に捨てていくし、それとともに

明日や未来が恐怖や不安とともに確実にやってくる。

 

明日や未来が、昔みたいに怖くなければいいのにな。

それだけでいいのにな。

 

どうなるかわからないけど、何とかなる、何とかできそう、

そんな風に思えたあの頃に戻りたい。

 

今は一日が終わると、心身ともにクタクタで、次のことが考えられる

余力が残っていない。次の仕事を早く探さないといけないけど、

その心のエネルギーが湧いてこない。

 

なんとかなるかな。なんとかしなきゃな。

これを何とかしないと、いつまででも恐怖と不安が追ってくる。

わかってる。わかってるからこそ、

自分を責めてきたし、自分の人生を後悔ばかりしてきた。

 

後悔してもしつくせないくらい。

若いころの生意気な身勝手さが、今、僕にその落とし前を

つけろと言っているんだろうな。

 

でもとりあえず、今日もお疲れ様。

 

がんばって生きたよ、充分よ。よく生きました。

今にも泣きたい気分だけど、今日もよく生きたよ、それは間違いない。