愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

信じていいよって、言ってくれる人が そばにいてほしい。

やっぱり日曜の夜は恐怖がぶり返してくるし、

不安が大きくなってくるから嫌いだよ。

 

本当は、大きな声を出して泣きたいきもちだけど、

家族の前ではそうはいかない。

 

薬頼りのこの僕の体は、とてもつかれやすくて

何も考えられない。

 

時間に流されるだけで、自分から何か行動を起こすということが

できないでいる。

 

病気をを克服してアクティブになれた人は、どんなふうに

変わっていったんだろう。

 

不安障害やうつから、復活した人は、どんなふうに

動けるようになっていったんだろう。

 

知りたい。僕もそうなりたい。

 

今の僕は本当に何にもできない。なんにもない。

疲れて疲れて、ただ眠りたいだけ。

 

このブログで僕は、何回「怖い」「不安だ」「泣いている」と

書いただろう、そしてこれからも何度書くだろう。

 

子どもの時から泣き虫で、心細くて誰かにそばにいてほしかった。

精神的に大人になれなかったのは間違いなさそうだ。

 

今もとても寂しいし、明日や未来がとても不安で怖い。

誰かと話したい。いつもこわいときはひとりぼっちだから。

 

次の仕事探さないといけないのに、全くその気が起きない。

そう言う自分を自分でとても責めている。

 

とてもつらい。

 

今の仕事は今月で終わる。なんとかしなきゃ。

でも、体が動かない。頭がうごかない。心が動かない。

 

どうしていいか、まったくわからない。

また涙があふれて、声殺して泣いている。

 

ああ、しんどいなあ。

今日は散髪に行って白髪染めをした、

それだけで疲れてしまった。

 

ソファで意識を失って眠ってしまった。

今の僕には、前向きに生きる気力がない。

過去の楽しかった思い出だけが心にある。

 

またあしたから、目の前のことをこなすだけの毎日が始まる。

心を削るように生きる毎日。

 

でも、どうして心を削るように感じてしまうんだろう。

自分にうそをついているんだ、どこかで。

 

とりとめもない文章になってしまった。いつものことだけど。

今、胸の所が不安と怖さでいっぱいです。

泣いています。

 

またゼロに逆戻りです。とても怖いです。

 

いつか、ほんとうに安堵して生きられる日が来るのかな。

信じたいな、信じていいのかな。

必ず来るよ、信じていいよって、言ってくれる人が

そばにいてほしい。