愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

金曜の仕事が終わった。

金曜の仕事が終わった。

なんだかとても複雑な心境で、なかなかうまく言葉に出来ない。

相変わらず、心細く、不安で、今にも泣きそうなのだけ、

いつもどおりなのだけど。

 

今の僕は正直、何も考えたくないし、何もしたくない。

そのうち少し、動こうという気持ちが出てくるまで、

何も考えないでいたいんだ。

 

この二か月、毎朝泣きながら出勤して仕事をした。

何にも治ることはなかった。

ただ、怖い事が増えただけだった。

 

自分の頭が狂ってしまわないのが不思議で、

発狂ししまうんじゃないかと思うけれど、なんとかもっている。

いや、もう狂っているのに、気がついてないだけかもしれない。

その可能性は、大いにある。

 

この年になって未来に希望とか目標とか、展望とか、

果たしてこれからの人生で、持てるようになるのかな。

生きていればいいことあるかな。

 

まだ今年は終わっていない。

まだ今年中に何度か泣くだろう。僕の中の子どもが泣く。

思春期の僕が泣く。50歳の僕が泣く。

おいおいと声をあげて、辛さに耐えかねて、

それしかできないから、ただ涙を流して泣く。

 

ああ、今日も疲れた。

今日も僕は本当にがんばった。何にも報われることはないけど、

やることはやった。文句を言われる筋あいはない。

 

お疲れさま、僕。自分に鞭打つことなんてない。

自分を、自分の心身を、大事にしたい。