愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

電話一本入れるのに半日泣き苦しんでしまった。

今朝も泣きながら起きてしまった。

ここのところ、けっこうつらい。

 

正直、働く気力がなくなっているところに、

働かなければいけない現実があるので、自分に鞭打つしかない。

いろんな余裕が、ぜんぜんない。

 

朝から午後2時半まで悶絶して苦しんだ後、

先日現場見学へ行った派遣会社担当に、電話した。

今、派遣担当者からの連絡待ちだ。

 

いままでいくつ仕事を変わったのか、履歴書には

書ききれないくらいの仕事をやってきた。

 

まさかこの年で、しかもこの短期間で違う仕事に変わるとは思ていなかったし、

子どものころ想像していた自分とは、

全く違う人生になってしまった。

 

とにかく、電話一本入れるのに半日泣き苦しんでしまった。

様々な感情が沸きあがってきて、苦しかった。

 

まだまだ不安は尽きないけれど、目の前にあった課題を

ひとつやったことには間違いなく、

凄く小さいけれど大きい一歩を又踏み出したと思う。

 

なによりも、今日、勇気を出せた自分をほめてあげたい。

ホントに怖かったし、今も怖い。でも、踏み出さなければ

前に進めないから、勇気を振り絞れた。

 

これだけでも今日、僕はよく生きたと思う。

誰が何と言おうと、よくやれた。

 

自分でコントロールできるのは自分だけだから、

あとは、状況に任せるしかない。