愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

生きていくエネルギーが空っぽです。

今朝も4時ごろ早期覚醒し、眠れませんでした。

日曜です。明日が怖いです。布団の中で何度か泣きました。

声を押し殺して泣きました。

 

なんであんな仕事をすると選んでしまったのか

自分でもよくわかりません。とても仕事へ行くのが嫌なのです。

苦手な仕事の部類なのに。

 

週明け月曜は現場二日目ですが当然何にもわかりません、

実質一人で出勤する初日です。不安と恐怖でいっぱいです。

本当に子どもと何ら変わりません。

誰かにそばにいてもらわなければ、怖くて怖くてたまらないのです。

 

現場が吹きさらしの所なので体がとにかく冷えます。

まだ入ったばかりの身ですので、仕事を見ているだけがおおく、

体を動かすことがないので、芯まで冷えてくるのです。

 

何であんな仕事をすると言ったのか、お金が入って来ない期間を

長くすることができない、お金が無くなってしまうまで「時間がないから」。

 

とにかくお金を稼がないといけない、その一心だけで

求人を適当に選んでしまっている状態です。

 

僕のこれからの人生の中で、何度仕事を変わるでしょう。

今の仕事がいつまで続けられるか、全く自信がないのです。

 

僕は適応障害なんでしょうか。

履歴書に書ききれないほどのいろんな仕事をしてきました。

 

今の仕事も何をしているのか、全くわかりませんし、

年齢のせいか、薬のせいか、物覚えも悪くなっています。

もともと要領もよくないので、ミスもします。

 

今僕は家で一人でこれを書いています。寂しいです。

心細いです。明日がとにかく怖くて、心が空っぽで

生きる気力がありません。

 

この頃また希死念慮をたびたび持つようになってきました。

すべてのことに勇気がないだけで、死ぬことも出来ない。

死んでいるように生きているだけの状態です。

 

今これは正直な気持ちをそのまま書いています。ネガティブそのままです。

それを言葉にして吐きだしています。

ブログを読んで下さっている方々には、申し訳ない内容です。

 

でも日曜はやっぱりきらいです。

猛烈に襲ってくる怖さや不安が倍増するし、孤独感でどうしようもなく

動けなくなってしまうからです。

 

今僕には生きていくエネルギーが空っぽです。

落ちている日のブログ、正直な心の中の言葉です。