愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

小さい本音の声が聞こえてこない

今日も何とかかんとか、一日を終えることができた。

とてもとても長い一日に感じた。

仕事に慣れていないことが一番の要因なんだろうけど、

とにかく不安と恐怖が一緒に付きまとうのがしんどい。

 

実は今働いている場所の真ん前に、以前家族で住んでいた

マンションがある。不思議な気分になる。

こんなことになるなんて夢にも思っていなかった。

 

身体も心も疲れている。きょうも薬を飲んで寝よう。

寝にげするしか、思いつかない。

でも、寝てしまうと、次起きたらもう出勤だと思うと

気持ちが奈落の底に突き落とされる気分になる。

 

自分の心の中から、自分の本心の声が聞こえなくなった気がする。

小さい、小さい、本心の声。

でもそれこそが、自分がどう生きたいのか、どうありたいのか

訴えてくる、魂の声。

 

それがいまは、心の中が混とんとしてしまって

小さい本音の声が聞こえてこない。

 

今夜もとにかくもう寝よう。きょうは本当によく頑張った。

薬を飲んで、意識を無くすことにします。

何にも考えないで、眠りたいです。