愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

町内会委員の仕事をしないといけなくなった

土曜が終わってしまう。心が安らぐ唯一の日が、

過ぎて行こうとしている。悔しいし、悲しいし、不安感感が大きくなってくる。

 

朝から犬を洗い、車を洗い、かかりつけの内科の医者に

セパゾンをもらいに行ってきた。怖くて仕方がない時のお守りの薬。

 

町内会議に行って来た。次期町内会委員の仕事をしないといけなくなった。

この精神状態の中で仕事もおちつかないのに、町内会役員で

心の中がぐちゃぐちゃになってしまっている。

 

この頃希死念慮が消えないのに誰にも言えない。

自分が首を吊るシーンや首を吊る場所をどこにするか

無意識に探していたり、どんな死に方がいいのか考えてしまっている

 

そんな、この悲しみをわかってもらない苦しみ、

精神疾患が見た目にわからない病気だというのが

骨身にしみて、全身から力が抜けて行き、生きていく気力が奪われている

 

毎回言っているけれど、日曜が大嫌いなのは生きていく気力が

最低まで落ちてしまうからだ。死んだほうがましだと思う。

 

心身を癒して休めている、そういう時間が止まって欲しいと思うこと、

仕事をしている嫌な時間が早く過ぎ去っほしいと思うこと。

それの繰り返し。

 

燃え尽きてしまいたいと思って生きてきたはずが

不完全燃焼のまま、燃えカスがくすぶって変な匂いを出している

僕はどこへ向かっているの?僕はこの先どうすればいいの?

 

今僕の人生に希望はない。

 

泣いても泣いても涙がでてくる

不安と恐怖とこころ細さと孤独感が僕を襲う

 

ああ怖い、明日が怖い、不安が大きくなってくる

心に余裕がない、ネガティブが心のすべてを支配してしまっている

 

ネガティブの海の中で、僕は今日を生きた。

溺れてしまいそうになりながら、今までの人生を生きて来た

ただ、今日も生きたのだ。それは間違いない。

間違いなく、今日を生きたのだ。