愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

僕は頑張って生きているんだ、それをわかって欲しい。

木曜日が暮れていく。今日はいつものパソコンの調子がわるく使えなくなった。

画面が砂嵐みたいになってしまう。

今日は散々な一日だった。

足の爪が食い込んで痛みがひどくて仕事中ロキソニン飲んだし、

 

おっさんに大声で怒鳴られたし、何度も注意されたし、

僕の責任ではない失敗も、起こしてしまった。

考えてみたら、ほんとうに散々な一日だ。

 

今の職場、明日が最終日で辞めることにした。

仕事が一番苦手な仕事だったからだ。就業する前はわからなかったこと、

勝手に現場を変えられたことで、伝票での出荷管理の部署になってしまって、

僕にとっては一番苦手な仕事だったからだ。

 

こんなことではいけないと思う。続けれる仕事を探しているのに。

自分を責めてしまいそうになるけど、仕事、探すしかない。

あまり時間がないから、どんどん探すしかない。

 

明日仕事行きたくない。でも行かなきゃ制服返却とかしないといけないから。

どうして僕はダメなんだろうとか思ってしまうけど、

自分責めしても意味がないんだ。わかっているけど、自分を責めてしまう。

 

とにかく今日も散々な一日だったなか、何とか生き延びた。

それだけは、本当によく頑張ったんだよ、僕。

だけど、頑張っても頑張っても、何一つうまくいかない。

がんばりが全然報われない。

 

頑張ってるよ、大丈夫って言ってほしいんだろうなと思う。

「わかってほしい」んだろうなと自分で思う。

誰にわかってほしいのだろう。もちろん妻にはわかってほしい。

でも妻にはかなりの負担をかけている。

 

誰になのかはわからない、

僕は頑張って生きているんだ、それをわかって欲しい。

自分が一番、自分の頑張りをわかってあげられてないのかもしれない。