愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

パソコン修理不能、泣きっ面に蜂とはこのこと

いつも使っていた僕専用のPCが修理不能だということが分かった。

まったく泣きっ面に蜂とはこのことだなとおもう。

 

朝から犬を洗い、トイレトレイやもろもろを洗って、

壊れたPCの修理依頼に出かけた。

 

そのPCを購入した店へ行って修理の相談をしたところ、

修理箇所のチェックをするのに7810円かかると言われた。

2012年製で古く、部品在庫がもうない可能背があると言われ、

そのうえで、部品がもしあったとしても、

修理が可能であれば修理代金として、修理箇所によっておそらく5万以上は

かかるだろうとの事。

 

うんぬんかんぬん聞いていた挙句、修理にそれだけか買う可能性があるため

買い替えをお勧めします、といわれた。

 

パソコンも、直せば使えるのに、

修理して使うものではなく、スマホのように買い換えを

すすめられる時代なんだなと思う。

 

家にPCが3台あって、ひとつはwindows7で、サポートが終了したのでネット利用のリスクが大きくなってしまい、もう一つは壊れて修理不能。

これは、妻と子供も使用している3つめのPCで書いている。

 

とはいえこのPCも似たような時期に購入したので、突然壊れたらとおもうと恐ろしい。PCがないとブログがかけないし、求人探したりすることも、町内会役員の書類作成もできない。

 

今日は寒い。体が冷えてくる。心はいつものように、寒い。

心の底の方に冷え冷えとした不安がある。

 

でも、コメントしてくださっている方々の温かい言葉を信じて、

自分の向かうべきところを目指して、心の本当の声に従って生きていたい。