愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

振り出しに戻ってしまった悲しみ

ほんとうならば求人広告を必死になって探さなければいけないのに、

それが出来ないのでブログを書いている。

 

本日ニ記事目。気分が沈むから、ブログに逃げ場所を求めてきている。

心の中の不安をつらつらと言葉にして吐き出している。

この時期、応募するにも、もう求人も「これは」と思うものがない。

どうしようもない。

 

二月初めの日。もうじき節分だな。暦の上ではもう春になっていく。

でも僕の冬はいつになっても春になりそうもない。

昨日、派遣でいった会社、二週間で退職した。

自分に全く合わない仕事内容だったこと、初めからなんとなくわかっていたけど、

最後の最後まで全く自分が何をしているのか、わからないまま終わった。

 

辞めたものは後悔しても仕方ないけれど、それでも次のところを

アテにしていたのがダメだったことで、途方に暮れている。

妻の顔がみれない。

 

死にたい、と言うと少し楽になるというのは本当かもしれない。

もっと普通に生きたいのに、それすらかなわない。

 

今日は寒い。本来休日のはずだった土曜日が、あっという間に過ぎていく。

何で平日仕事しているとき、あんなに長く感じる一日が、

休日になると飛び去るように時間が過ぎてしまうんだろう。

未だに不思議で仕方がない。

 

過ぎたいやなことはもう,忘れてしまっていい。

問題は未来が怖いこと。明日が来るのが怖いこと。

また一歩踏み出さなければいけないのが怖い。

 

何にも出来ない僕だけど、これなら、と思える仕事に出会いたい。

家族に安心させたいし、それより何より、自分が一刻も早く安心したい。

没頭できる仕事に就きたい。

 

医者に通っていろんな薬飲んだけど、(今の薬はまだ寝られるしいいけど)

明日が怖いという根本的な不安は消してくれない。

それは、自分がよって立つ「自立」のための支柱を失ってしまった僕だから、

いつまで経っても自信が持てないし、未来に対して怖さしか感じないんだ。

 

今、独りでサポートが終了したwindows7のパソコンでこれを書いている。

僕の心の中は草ひとつ生えていない。生命力がない。生きる希望がもてない。

 

何でこんなに寂しくて、孤独を感じて、いまを生きることが出来なくて、

明日の不安ばかりに支配されてしまうんだろう。誰か教えてください。

 

ここからどこへ行けばいいのかほんとうに途方に暮れています。

どこを目指して歩いていくべきなのか、全く見失っています。

 

早く薬を飲んで根逃げしてしまいたい。

けれど、目が覚めたら、やっぱり次の日が冷え冷えとやってきて、

冷たい未来に耐えながら生きるだけ。

 

僕に春は来るのかな。笑える日は来るのかな。心が「楽しい」ともう1回思える日って、本当にあるのかな。

 

ここ二年くらい、心から笑った日って、全くない。

鏡で自分顔を見るととても疲れた顔をしている。眠っても眠って取れない疲れに

全身が支配されてしまっている。

 

また振り出しに戻ってしまった悲しみに、飲み込まれています。

むりやりうきあがるより、沈み込んでしまっていたほうがいい、なんていう人も居る。

とにかく今は不安で寂しくて、誰かにそばにいて欲しい。

 

明日に希望があると、もう一度思いたい。心からそう願う。