愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

世の中から取り残されてしまった、その気持ちでいっぱいだ

月曜日になった。仕事を辞めたので、また一人で家に居る。

朝は家族を見送るので仕事をしていた時と同じ時間に起床する。

無力感とわけのわからない罪悪感が襲ってくる。

 

朝から求人情報をチェックするけど、これ、というのがみつからない。

えり好みをしているわけじゃない。でも、応募できる仕事がない。

はやく仕事を見つけて応募して、仕事に就かないといけない。

 

この焦燥感と劣等感、ひとりぼっちの孤独感、さみしさ、何回味わっただろう。

おんなじことを何度も繰り返してる。

 

このブログに何度おんなじことを書いているのだろう。

一歩踏み出したつもりで、二歩も三歩も下がっているような気がして

焦る。自分の事を責める気持ちでいっぱいになる。

 

世の中から取り残されてしまった、その気持ちでいっぱいだ。

何の資格もないうえに、まず生きる気力が弱ってしまっている。

振り絞れるだけの勇気が、全然わいてこないんだ。

 

今週中には、次の仕事、何とか決めたい。というか決めなければ。

妻と話し合って、何とか打開策を見つけたい。