愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

怖いまんま動くしかないんだもの。

木曜日だ。今日、夕方5時に必要書類を持って行くことになっている。

それだけで憂鬱な気分で、怖くなってきて抗不安薬を飲んだところです。

 

今日は一日雪がちらつく天気の日。このあたりではこの冬初めて雪が降った日。

路面凍結とかになるから、雪は降らなくていい。

雪が降ることに面倒さしか感じないのも、なんだか悲しいけど。

 

やたらと体が冷えるようになったし、心身ともに「寒い」。

あと30分ほどしたら出かけないといけない。

薬がまだ効いているからなんとななりそうかな。

 

自分の中にこびりつくように孤独感とか劣等感とか無力感があって、

それが何かの拍子に、むくむくと大きくなって襲い掛かってくる。

そのたびに薬を飲んでおさえるか、寝逃げするしか、今の僕にできることがない。

 

泣いてばっかりだけどしょうがない。怖いまんま動くしかないんだもの。