愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

泣くことで僕は僕の心を癒してる

今日は1日雨の日。ついさっきまで何も出来ずに、朝から横になったまんまだった。

この頃、希死念慮が強くてどうしようもない。

振り払っても振り払っても頭の中に、浮かんできてしまう。

 

ものすごくリアルにビニールロープとか、場所とか、

いろんなことが頭に浮かんでくる。

悲しくて悲しくてやりきれない。また泣きながら独りでブログを綴っている。

 

体に力が入らない。横になりたくて仕方がない。

低気圧のせいなのかな。

 

この頃、もう生きていても仕方ないという思いが胸に張り付いている。

ほんとうに今人生生きてきた中で一番つらい。しかも長い時間苦しんでる。

動悸がする。どきどきと心臓が大きく動いて、体力が奪われる。

仕事へいきたくない。何にもしたくない。

明日からの仕事の事を考えると死にたくなる。

 

何でこんなことになったんやろう、そればっかりかんがえる。

でもそれ考えても仕方がない。堂々巡りになるから。

何とか前にすすむために、もがいてもがいて生きてる自分、

えらいよな。でもうまく自分のことを褒めてあげられない。

泣くことしかできない、声を殺して泣くしか出来ない。

 

心療内科の薬、効いているのかいないのか

もうひとつよく分からない。

 

でも、泣いていいと思う。これは自分にいつも言っている。

泣いたっていいやん。だって相談相手が誰もいないんやから。

泣くことで僕は僕の心を癒してるんやとおもう。

 

いつか状況が好転するときって、ほんとうに来るのかな。

このブログに、つらい時期を抜けて

ぼくが、うれしかったことや楽しかったことを、

綴れる日は来るのかな。

 

今日は雨の日。僕もまた泣いている。

今は沈んでいる僕の心やけど、明日ブログに何かひとつでもいいこと

書くことが出来たらいいなあ。