愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

流れに身を任せるしかない

連休の中日だけれど、昨夜の夢見が悪く、朝から声を殺して泣いて起床した。

仕事の事が頭をよぎると死にたくなる。それぐらい嫌だと思ってるってことか。

せっかくの休日を大切にするため、時間をかみしめるように過ごすことに決めた。

 

昨日の雨は上がったけれど、若干肌寒い。ふいに心の中のよどみの中から

希死念慮が湧き上がってくる。それ自体を否定するよりも、

なぜそう思うのか、自分に聞いてみる。

 

明日や未来に希望が持てない中で、嫌な仕事を我慢している今の状況が

辛抱出来ないのだ。辛さには個人差があるから、

それぐらい我慢しなさいとか、もっとつらい人もいるとか、

頭でわかっていても、自分の心のコップはあふれる寸前なんだ。

 

出来るだけ先の事を考えないように、今の瞬間だけに意識を向けるようにする。

だから先のことを計画したりできない。

心の中に暗雲が立ち込めたまま、今日が矢のように過ぎていく。

体と心が癒える間もなく、時間が飛び去っていく。

 

ぴんぴんころりが一番だと、みんなそういう。僕もそう思う。

でも人生思うようにはいかないことも知っている。

どうなるかわからないことも、嫌程しっている。

 

昨日自治会の会合が夕刻にあったが、まだ詳しい内容がわからない。

これもまた僕を不安にさせる。

 

今日が過ぎ去っていこうとしている今、

気持ちがどんどん落ち込んでいる。

飲んでいる抗不安薬の効き目が感じられない。

心療内科に通っているけど、意味ないような気がしてきた。

 

前にも書いたけど、心療内科の医者に「本当に治りますか」と聞いたとき、

「治ります、治らなかった人見たことない」と言っていたけれど、

それって、治らなかった人が通院をやめたからじゃないのか。

 

いや、すべてをマイナスにとらえるより、

なるようになる、流れに身を任せることも必要かもしれない。

すべての事に自信が持てない今の僕にできることは

流れに身を任せるしかない、それも悪いことではないだろう。

 

今自分を責めたところで、何か自分が出来るかと言えば

何かできる力はどこにもない。心の中はどんより曇って、

悲しくて、今にも泣きそうなまんま、何にも変わらない。

 

いつになったら僕の中から力が湧き出てくるのか。

どうしたら顔をあげて歩き出せるのだろう。

 今にも泣きだしそうな気持のまま、毎日生きないといけないのはキツイ。

気分障害のしんどさが家族に伝わらないのも、しんどいな・・・