愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

僕は今日も、懸命に生きている。

今朝も泣きながら起床した。感情は頭の思考でコントロールできないんだな。

悲しいきもちがどっと沸いてきて、嗚咽して泣いた。

子どもがインフルエンB型にかかり隣で寝ている。

子どもにわからないように、枕で声を押し殺して泣いた。

 

今日はやっぱりつらい。気分が落ちているのでどうしようもない。

泣きながらブログを書く習慣、また更新だ。

何か温かいものでも飲んで、自分をねぎらおう。

 

なんだかとても、悲しくてしかたがない。

前にどうしてそんなに悲しいのか自分に聞いて、

ノートに書きだしたことがある。

色んな事がないまぜになっているから、原因はひとつじゃなかった。

 

子どもの頃のこと、お金のこと、仕事の事、子どもの事、夫婦のこと、

今の自分の事・・

カウンセリングで追いつかなかった悲しみが、いっぱいあった。

 

今日はなんだか寒い。愛が欲しいと思う。幸せを感じとるアンテナが

弱くなっている、自分にある幸せを意識的に見つけて行こう。

自分の味方に自分がならなくて誰がなる。

 

ここでしか本音を吐き出せないのだから、本当の気持ちを書いていこう。

 

そうすると決めたのだから。ここは僕の心の唯一の表現場所なんだ。

だから、弱音ばっかりでも仕方ない、愚痴ばっかりでも仕方ない、

そういう時期なんだから、しょうがないんだ。

 

心がキツイから、そうなって仕方ないのだ。

また段々怖さが増してきた、少し、体を温めようと思う。

僕は今日も、懸命に生きている。