愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

調子はよくなっていない。

火曜日。天気は悪くない。でもやっぱり朝起きるとき恐怖でしばらく起きれなかった。

日光に当たるため犬を散歩に連れ出す。でも気分は晴れない。

今週はまだ始まったばっかりで、気分がドーンと落ちることがまだある。

 

昨日も出勤時にかなり泣いた。仕事へ行く、ときの不安と恐怖がいつもきつい。

今日もこの後いかなければいけない。亡くなった父にそばにいてくれと願いながら

一人で大泣きしながら出勤している。毎日、毎日泣いている。

 

不安だから心細いし、誰かにそばにいてほしいと強く思う。

家族がいても、孤独を感じる。

仕事の疲れが全然ぬけない。体の中にどんどんたまっている感じ。

 

不安時の頓服の量が少ないため、すぐなくなるのであまり頻繁に飲めない。

この調子ならほぼ毎日飲まないと、怖くてダメだ。

薬に頼っていると思いつつ、薬がないと眠る事すらままならない。

 

調子はよくなっていない。横ばい、というところか。

毎日不安でたまらない。お父ちゃんに居てほしいと本当に思う。

いまさらながらに、父親が亡くなったことを悲しんでいる。

 

今日も後少しで出勤だ。もの凄い憂鬱と不安と怖さの中で

今日も泣きながら出かけるしかないんだろう。