愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

日曜、雨、憂鬱

日曜、あさから雨。

今朝も朝起床する際、泣いた。僕は精神的に自立できていないなと感じる。

早く大人になって独り立ちしたいとずっと思いながら高校を卒業と同時に

就職したあの時、僕は子供のまま自立せざるを得ない状況だった。

子どもが背伸びして、無理し続けてきたんだなと思う。

 

父が亡くなる直前、父親の手を握って泣いたあの日、

心が決まったら行ってこい、そういった父。

僕はまだまだあなたの子どもでいたかったんです。

 

昨日白髪染めをし、今日散髪へ行った。

15分でカット、税込み1200円というお店。今回初めてそこへ髪を切りに行ったけど、

まあ普通かな、こんなもんじゃないかなという仕上がり。

でも、結構混んでいて10人くらいは待ったかな。待ち時間の方がカットの時間より

遥かに長かった。

 

僕の後ろに並んで待っていた男性が時折咳き込んでいて、マスクもしていなかった。

店長らしき店の人がその男性に、「風邪ひいてらっしゃいますよね、今ちょっと席をされておられる方、ご遠慮いただいています」といって、その男性は退店させられていた。特にもめることもなく、その男性は40分程度待ったにも関わらず、静かに退店していった。

 

体があちこち痛いうえに、全身が倦怠感に覆われている。

甘いミルクコーヒーを飲む。甘いものが無性に欲しくなる。

常にだるいし横になりたい。毎週書いているけど、やっぱり日曜は憂鬱な日だ。

 

子どもがコロナウィルスの影響で家にいるのでブログを書けない時があるのが

難点だけれど、こればかりは仕方がない。日本中が今、そういう時期だからね。

でも、このブログは僕にとって大切な居場所。欠かすことができない。

 

心の中の言葉になっていないもやもやした思いに言葉を与えて、

書きだしていくことで自分を癒す場所。

 

想いのままに書き綴るから、

読んでくださっている方には読みにくい部分もあるかもしれない。

ただ、整理されずに積み重なった心の中の灰汁のような思いは、

順不同でも、どんどん書き出したいと思っている。

 

雨の日曜。憂鬱で仕方がない。心の中も雲空、今にも泣きだしそうで、

不安な心が、心細く、寂しい思いを連れてくる。

ああ、憂鬱だな。