愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

自分に正直に生きればいいや

また月曜が終わった。一週間の始まりの日が終わった。

日付はもう変わって、火曜日になっている。

 

今日も色々あったけど、もう忘れてしまおう。

やっぱり、今日も出勤時に泣いた。泣けてきて仕方なかった。

しょうがない、それでいい、一人で泣いているだけ。

 

職場でおばさん社員が大きな声で笑っているのを聞いた。

僕が、あんなに大きな声でわらったのは、いつだったか思い出せない。

かなり長い間、腹から笑ったことがない。

ふふ、と笑うことはあっても、あのおばさんのように、

腹から大声で笑うと言う事がない。

 

でも、ふと思う、面白いから笑うんじゃなく、

笑うから面白いんだ、そういう話も聞くじゃないか。

 

僕は面白いと思えるものが、興味を持てるものがすべて

なくなってしまったと感じていたから、

面白いと思うものも、ないと思っていたけれど、

もしかしたら、まず笑う、ということが先なのかもしれないなと思った。

 

でも、笑えないものを無理して笑う事もないか。

自分に偽って笑ったってしかたない。

自分に正直に生きればいいや。

 

今日も薬を飲んだ、後はもう寝よう。

熱いお湯を一杯、飲んだ。美味しい。

さあ寝よう。深い眠りならいいのにな。