愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

今の瞬間を、納得して生きたい。

昨日の金曜は朝から心療内科の予約があったので行って来た。

朝の予約だということと、コロナの影響なのか、いつも混んでる待合室が

ガラガラだった。診察も割あいはやく、昼間飲んでいる薬をひとつ減らした。

 

診察料と薬代がいつも結構な負担だ。何か薬代にほとんどとられている気がする。

医者からの帰り、甘いものが欲しかったのでスーパーでチョコレートなど買う。

その後帰宅し、天気が良かったので洗車した。

 

100日後に死ぬワニという四コマ漫画を読んでいて、今日100日を迎えた。

100日後、ワニは事故で亡くなった。何気ない日常の中に、突然死が訪れた。

一度でも死を現実的に考えたことがある身として、漫画ではあるけれども

とても悲しく感じた。

 

うつとか不安障害等の気分障害なんかになると、死にたいという念が

いつもうっすら付きまとうような気がしている。(少なくとも僕はそう。)

明日を生きようという希望があってもなくても、

事故などは突然やって来るんだろうし、誰も未来のことはわからない。

 

後悔のないように、毎日を、今を生きるしかないのだろう。

けれど、毎日を嫌々生きている中で死んだら、やっぱり悲しい。

人生を自分が納得して生きたいし、いつかは必ず逝くのだから、

それを自分で早めるのもなんだか本望ではない。

 

今は土曜日。今日も天気は良い。花粉が沢山飛散しているのか、

昨日洗車した車の窓ガラスには粉が沢山積もっている。

 

何もなくても、僕は毎日懸命に生きている。

何もなくても、それで充分なんだと、心から思えるように。

その日一日を、今の瞬間を、納得して生きたい。