愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

一番苦手な嫌な仕事をさせられている

月曜日が何とか終わった。

今日は出勤前、号泣してしまった。

やっぱり、連休前は「もう少し我慢すれば連休だ」という思いがあって

色んな事を辛抱してきたけれど、休みが明けた日の出勤前には

強烈な不安が押し寄せてきて、感情が爆発した。

 

何とか出勤したら、今日からまた違う仕事の現場に行かされて、

僕が最も苦手な「数量を起算し誤差なく合わせる」という仕事で

今日はまだ教えてくれている人がいて、その人が殆どやってくれたけれど、

明日からは僕一人でやらされる。正直僕にはちんぷんかんぷんだった。

何をやっているのか、また数を数えたり数量を計算したり、

社員に確認しに行ったりと、すべてが僕の苦手な事ばかりだ。

 

生きていたっていい事なんて一つもないと思う。

生きていたらいいことがあるというけど、そのいいことが起こるまでに

どれくらいの嫌な事を我慢して乗り越えないといけないんだろうか。

僕は死んだようにただ息をして生きているだけ。

無駄飯を食って生きているだけ。

 

今日は何とか生きられたけれど、死んだように生きただけ。

これからも死んだように生きるしかないんだろうか。

 

夢も希望も何にもなく、嫌な事をただ辛抱して、

ぼろ切れみたいに朽ちて死ぬしかないんだろうか。

 

日付はもう火曜日になっている。

明日も出勤前に号泣すると思う。仕事が嫌で嫌で仕方がない。

うつを隠して就業して、毎日我慢に我慢を重ねて仕事して、

挙句に一番苦手な嫌な仕事をさせられるなんて、

何でこんなことになるのかわからない。

苦手なものは苦手なのだ、出来ないものはできないのだ。

 

もう寝よう、リフレックスとアルプラゾラム飲んだ。

今夜眠れるかな・・不安が強くて眠れないかもしれない。

今週は最悪な毎日になりそうだ。

 

 

泣いたらいい、生きてるだけで100点満点だ。他に何がいる?

それで、ええんや。ええんや。出来なくていい、ダメでいい。

出来る振りしなくていい、自分を偽らなくていいんや。

 

こんな日こそ頑張って生きた自分に〇をつけてあげなければ、

自分があまりにも不憫でならない。

よう生きた、頑張った、頑張った。よう生きた。

そのまんまでいたらええんや。