愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

頑張った自分と、亡き父に感謝

金曜日が何とか終わった。本当に何とか終わった感じだ。

結局最後まで今の現場の仕事は覚えることが出来ず、

最終の集計作業も滅茶苦茶だった。仕方がない、わからないんだもの。

全然仕事が飲み込めていないから、何をやっていいのかわからない。

結局皆に修正してもらってどさくさの中で仕事が終わった。

 

帰り、仕事を割り振っている上司と出会ったので、

今の現場の仕事が僕には出来ないということを伝えた。

上司はわかった、と言ったので、今後はたぶんあの現場には

僕は行かされることはないと思うし、そう思いたい。

行った所で、全く出来ないんだから。

 

これでクビになったって仕方ない。出来ないことは出来ないんだ。

今週、努力してみたけど、やっぱり駄目だった。

不得手な事にエネルギーを注ぐと、心が削れていく。

どんなに努力しても報われないし、徒労感しか残らない。

 

帰りに上司に出会ったのも、

亡き父親がそうしてくれたのかもしれないと思っている。

出来ないと言え、と父が背中を押してくれたような気がしている。

 

今日は雨。出勤前にも号泣した。本当に憂鬱の極みだった。

なんとか今週も仕事を終え、今これを書くことが出来ている。

薬も飲んだので、後は眠るだけだ。

泥のような眠りに落ちて、何も考えたくない。

とにかく今は、頑張った自分と、亡き父に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

今日もよく生きました。お疲れさまでした。