愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

月曜日が何とか終了

月曜日が何とか終了。また長い一週間がはじまった。

出勤時大泣きだった。仕方ない。月曜だもんな。

不安が大きくなるし、恐怖感と孤独感が押し寄せてくる。

 

ただ今日の仕事はハードだったけど、体動かしていれば終わるから、何とかなる。

体動かしていれば何とかなる仕事なら、そう、何とかなると思える。

 

出来ない仕事は出来ないけれど、今日のような出来る仕事は、

体を動かしていれば何とかなるから、まだいいのだ。

 

コロナウィルスに感染している人が僕の住んでいる地域でも

徐々に確認されてきている。思いのほか身近にいるんだろうなと思う。

充分気を付けて生活しないといけない。

 

テレビの中の人だけど、志村けんさんがいきなり亡くなったこと、

とても悲しい。テレビの人で泣いたのはもしかしたら初めてかもしれない。

松田優作さんとか萩原健一さんが亡くなったのも悲しかったけど、

泣きはしなかった。けれど、なぜだか、志村けんさんは泣いてしまった。

そう言えば親父も肺を悪くして亡くなったからな。肺は悪くすると早いな。

 

今日は疲れた。もう寝よう。薬飲んだ。体のあちこちが痛い。

頭の中を空っぽにして眠ろう。何かが頭の中にあるとロクな夢を見ないから。

お休み、僕。今日もよく生きました。お疲れ様。