愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

せめて心が安らぐ夢でも見れればいいのにな。

水曜日が何とか終わった。一週間が長い。まだ水曜。

今日は仕事中に動悸がして、嫌々仕事をしているこの状態は本当に地獄で、

本当に苦行でしかなくて、生きるのがしんどいという思いに頭が支配されてしまった。

とても苦しかった。

 

毎日仕事へ行く道すがら、おいおいと号泣し、地獄へ落ちるような気分で出勤する。

とても心身ともに疲弊する。仕事の前にすでに疲れ切っている。

毎日違う工程に振り分けられるのがとても怖い。変化が怖いんだ。

人も怖い。指摘されたり注意されたりするだけで委縮してしまう。

 

新型コロナウィルスの影響で、子どもの通う塾も当面休みになった。

本当に終息するんだろうか。このコロナの事も結構心配で、

妻も仕事柄人と合うため、気が気じゃない。

近所で感染者が出ているし、いつ感染してもおかしくない。

 

いろんな心配事が心の中に積み重なって、気分をどんどん塞いでしまっている。

今の僕には楽しい事というのが全くない。何をしていても、楽しいと感じない。

常に憂鬱で、不安で、何かにおびえながら生きている。

だから自分の力を充分に発揮することも出来ない。

何をするにも、すでに疲れ切ってしまって、気力すら萎えている状態だ。

 

このところあんまり調子が良くない。季節の変わり目だったり、

コロナが蔓延していたりするせいもあるだろう。

僕の病気、ほんとうに治るんだろうか。一体何年付き合わあないといけないのだろう。

止まない雨はないというけれど、今の雨が耐えられないんだ、というのはほんとだな。

 

ああ今日も疲れた。今日も頑張って生きたよ、僕。100点もらっていいんだ。

リフレックス飲んだし、とにかく今日ももう寝よう。

毎朝泣きながら起床するのもつらいし、

寝て起きたらまた仕事へ行かないといけないけれど、

悪夢じゃなくて、せめて心が安らぐ夢でも見れればいいのにな。