愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

不安で怖くてどうしようもないので

本日二記事目。あまりに不安で怖くてたまらないので、思いつくままに

ブログを書いていこうと思った。支離滅裂になるかもだから、

読者の方には、本当に申し訳ないです。

ただ、不安で怖くてどうしようもないので、

いま心にたまっていることを文字にして外に出すことにします。

 

僕は仕事へ行くのが恐ろしい。毎日、違う工程へ移動させられるので

その日何をさせられるのかわからないのが恐ろしくてしょうがない。

人も怖い。おばさんがいちいち意見してくるのが怖い。

毎日働いているけれど給料が少なく家計の赤字が解消できないから

自責の念がとても強い、

自治会役員が不安で負担でどんどん気が滅入っている、

 

日々生きていて、楽しいと感じることがひとつもなく、

辛い、しんどい、悲しい、と感じる事ばかりが増えていくのが怖い。

このまま生きて行けば、恐怖の沼におぼれ死んでしまう。

 

すべての不安が、どんなに洗っても落ちないシミみたいに

心の中に沁みついてしまって、いつも自分が汚れてしまっているように感じて

今も怖くて何にも考えられないのに、家族には言えず震えているだけで

本当に怖くてどうしようもない。

 

この恐怖の中で生きている自分をいたわってあげられるのは自分だけで

ひとりで、大丈夫やで、っていっている。ほんまにそれしかできなくて

どんなにダメでも、僕はそれでいいんやでって、自分を愛してやらないと、

希死念慮が出て本当に生きているのがしんどくなってしまうから、

 

教えてほしい、生きていればいつかいいことはあるんだろうか、

生きていれば今のこのキツイ状況はいつか好転するんだろうか、

誰か、教えてほしい、怖くてしかたがない、どうしようもない。