愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

罪悪感を感じることなく

四日、月曜日。本当なら仕事へ行っているし、真っ最中だ。

 

休みも四日目だけれど、まだなんにも次のステップの為の一歩は

踏み出せていない。ただ休みを噛み締めたくて、何にもしないでいる。

 

休みを噛み締めることが、なんだか悪い事のように感じてまうのが悲しくて、

僕は、何にもできないでいる。

 

アイス食べたり、甘いミルクコーヒーを飲んだり、そんなこと。

うとうとしたりすること。それがすべてなんだか悪いことをしているように

思ってしまう。だから、何をしても楽しさが半減、それ以下になる。

 

僕は本当は何にもしたくない。それが本音。

もう少し、自分自身から好奇心が湧き出るコンディションを作りたいだけ。

元々僕は自分を追い込むのが苦手だった。

 

甘いミルクコーヒー、あとでゆっくり飲もうと思う。

罪悪感を感じることなく。