愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

生きる気力をなくしてしまうだけだから

6日水曜が暮れていく。さっき、急に雨が降った。

読者さんがブログに下さったコメントを読んで、思わず涙があふれ出てむせび泣いてしまった。

 

今の状況を何とかしないといけないのに、できない。動けない。

それは病気のせいもあるもんな。自分を責めて、どんどん塞いでしまって

落ちこんでしまって、生きる気力すら失ってしまったら、元も子もないもんな。

 

明日明後日、仕事だ。二日やったらまた二日間休みだ。

だから頑張って生きてみよう。泣きながらでいい、しょうがない、

くるしいけど、しんどいけど、不安で怖くてしょうがないけど、

頑張って生きてみよう。頑張って生きるしかない。

 

涙が出てきてしょうがない。家族に隠れて泣く日々。いつまで続くかな。

自分がよって立つものを、いつになったら手にできるかな。

こんなにわけもなく、ありとあらゆることが怖くなるのは紛れもなくそういう病気のせいだろう、そういうことにしてしまおう。そういうことにしてしまっていいだろう。

 

もすこし、もうすこし僕の心に遊びが出来たら、ゆとりが生まれたら、

一歩踏み出す勇気が芽生えるかもしれない。いま、自分で自分を責めるのは、やめておこう。とめどなく、生きる気力をなくしてしまうだけだから。

今は、ただの気休めでいい、何の生産性もないことでいい、自分の心に寄り添える、

何の意味もないことをやって、自分を労わりたい。