愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

夜は何も考えないで寝よう

14日木曜日、何とか終わった。今日も出勤時に号泣してしまった。

木曜で疲れもあるのか、不安がかなり強かった。

朝起きるときにもかなり辛くて、起きるのに難儀した。

 

仕事に不安や恐怖心を感じることに関しては、

おばさんの小言とかの鬱陶しさも関係している。

この歳になっておばさんに小言を言われるとは思ってもみなかった。

小言くらいで恐怖もあるまい、と思うけど、でもあらゆる人が怖いのだ。

僕の不安障害、対人恐怖もあるんだなと思う。

 

職場に数人、今回の新型コロナウィルスの影響で、自粛を迫られた飲食業に

携わっていた人が新しく入ってきている。

心中をお察しするに、不安で仕方ないだろうと思う。

僕だってきっかけは違えど似たようなものだから。

 

明日金曜日、何とかやり過ごしてしまいたい。

でも、怖い。不安だし心細いし、出来ることなら家でずっと眠っていたい。

でも現実はそうはいかない。働きに行かなければ、お金が稼げない。

でも、ここのところずっとお腹の調子がよくない。ストレスかと思う。

体が、拒否していると感じる。

 

そろそろまた眠ろうと思う。いつも浅い眠りですぐに目を開けてしまう。

一日中動悸がしていて消耗しているので、寝つきは早くなったと思うけど、

ずっとわけのわからない夢を見ているから、しっかりと深い眠りにつけてない。

 

でも、もう疲れた。へとへとだ。もう寝よう。

僕よ、今日も怖い中、よく頑張って生きられたね、

よく出来ました。いまも動悸がしているけど、とにかく、お休み。

嫌な事は時の彼方へすっぱりと捨ててしまって、

夜は何も考えないで寝よう。それでいい。