愛のことば

50歳、妻子と住宅ローンあり、不安障害とうつを抱える男が闘病と仕事に就くためにもがき続ける毎日をつづるブログ

自分を労わって励まして、なんとか生きよう

20日の水曜日が何とか終わった。

出勤途中、こみ上げてくる不安と恐怖を抑えきれずに泣いた。

毎日泣いて、動悸がする中、仕事へ行く。一体いつになったら治るんかな。

 

疲労が溜まってきているのか、仕事中ふらついた。

ただ、おばさんがいない場での仕事だったから、

忙しくても、それ以上疲れることがない。

 

おばさんは、どうやら今日はほかのおじさんに小言を言っていたようで、

おじさんはイライラして相当精神的に疲れたといっていた。

 

僕に話したくて仕方ないようで、

おばさんの細かい小言にどれだけペースを乱されたか、

ものすごい勢いで話すのだった。

僕も、分かります、と思わず同情してしまった。だって本当なんだもんな。

 

今週もまだあと二日ある。この頃眠りがものすごく浅いので、

夜中に何度も目をあいてしまう。キチンと眠れてないんだろう、朝起きるのが辛い。

薬飲んでるんだけど、このごろまた睡眠が安定しない。

 

髪の毛が伸び放題で、変になってきた。そろそろ髪の毛切りに行きたいのもある。

金曜は朝から心療内科の予約日か。

毎日不安と怖さがおさまらないこと、もう一回言おう。

ほんの些細なきっかけで気持ちが底まで落ちることもよくあるから。

 

あと二日。自分を労わって励まして、なんとか生きよう。

今日もとても疲れた。眠ろう。せめて寝ている間だけでも、

楽しい夢が見たいなと思う。お疲れさま、僕。